Yzanという男。

昨日は

『わいざんから聞きたい!SNSの楽しみ方(仮)』

に参加するため、姫路に行ってきました。

(仮)はたぶん主催者のかなさんがフェイスブックのイベントページを作るのに

とりあえず急場しのぎでつけた名前がそのままになっちゃって

それを主催者もスピーカーもおもしろがっちゃおうっていう。そしてそれをみんなでいじる、という。

もうそれだけで、関係性を楽しんでますよね(笑)。

 

 

 

実はここ最近、SNSとかブログとかどうもおもしろくなくて。

理由はわかりません。

なんか心が動かない。

心が動かないときって体も動かない。

 

 

その中で、私の心と体が「行け」と言ったセミナー。

 

 

結果・・・良かったです。

やはり動かないと出会わない。人にも真理にも。

 

 

 

 

 

前置きが長くなりましたが、そうそうわいざんのSNSセミナー。

私がわいざんという人をはじめて知ったのはこのブログ

20160426064002 https://kawarasista.com/archives/1411
強烈なエンターテイナー。もう、おもしろすぎる。アホすぎる。

 

 
でもこのブログの最後にある

 

彼は人間を見るプロです。

恐ろしいほど人を冷静に見ている。

 

この二文はが私にとってはちょっと怖かったんですよね。

怖いっていうのもわいざんに対してじゃなくて

会ったときにどう見られるかっていう・・・

はい、完全な保身です(´༎ຶོρ༎ຶོ`)

 

 

 

 
でも、わいざんという人が小さくまとまっているわけもなく

私の中で無視できない存在になってきて

 
・・・っていうと大げさだけど

どうしても会いたい、というかその思考に触れたいと思うようになったんですよね。

 

 

 

 

 

あ、また脱線した。
SNSセミナーね。

DSC_0302

SNSをどう使って、どう見せるかっていうテクニックの話じゃなくて

あ、テクニック的な話もあったけど、本質はそこじゃない。

 

 

 

SNSというツールを使って「どうしたいか」。

 

買い物するのは大型店舗、隣人は誰が住んでいるのか知らない、というような殺伐とした現代で

人が生きていくには関わりが不可欠。

そんな現代にマッチしていて、失いかけている【つながり】を再構築してくれるツールがSNSだ、というのです。

 

 

 

 

 

私は日本の風景や「茅」というものを通じて

日本人の『結いの精神』を復活させたいと思っている。

結いと贈りもの革命

モノにあふれた成熟した日本で、再び日本人はモノではなく人にスポットを当て始めたんだと思います。

「アレが欲しい」のではなく「あの人から欲しい」と。

その「あの人」を知ったり知らせたりするツールがSNS。
ただ、いい人に見せたり、キラキラしているところだけを見せることが魅力ではない。

そんなの、結局バレてしまいます。

良いところも悪いところも含めて自分ってこうなんだ、ということをさらけ出すほうが

結果信用できたり安心できたりするじゃないですか。

欠点や悪いところなんて誰だって持っている。

ただ、それが受け入れられなかったとき、どう対処するかの方が実は大切で。

そして、どーしても合わないことに関しては距離を保てばいいだけの話。

 

結局、SNS活用法、だなんて難しく考えていただけで

実生活と変わりがないんだなーって感じました。

 

モノにはいいところもあれば悪いところもあるっていうのは何にでもいえる事で

SNSだって万能ではないしデメリットだってあるだろうけど

私の思う「結い」の考え方の範囲が

昔は村単位だったのが日本国内に、もしかしたら世界に変わったと思えば

すごくすごくおもしろいし、なんてスケールがでかいんだ!

 

 

 

 

 

主催者の
家族みんながHAPPYになれる地域コミュニティはこプラスオーナー、かなさん

sketch-1537417107664

機会を下さりありがとうございました。

出身地とか旧制が三宅とか、職歴とか、生わいざん二回目とか(笑)

リンクしすぎてビックリでしたが、今後ともお世話になりそうな気がします。というかお世話になります。

 

 

 

 

そして一緒にセミナーも受講し、受講前に急な来店にも応じてくださった

KITCHEN 11・スナックキャンディーのオーナー北村さん。

DSC_0287

せっかくなんで、いろんな味を食べたいというわがままに

わざわざ小分してひとりずつに分けてくれるという心遣い!

ありがとうございました。

【他社貢献が自己の利になる】と言う言葉に感動したので

北村さん編はまた別のブログに。

 

 

 

 

DSC_0301

最後に。

参加してる人も感嘆の声あり、クスクス笑い、大笑いのある中

しゃべってるわいざんが一番楽しそう(笑)。

話術も話の構成も練りに練られたものなんだろうけど、これが一番ひきつけるんだろうなーって思った。

 

 

 

 

 

まだ大きくジャンプする前のしゃがみこみの時期だけど

すごく大きなヒントと、すごく大きな応援をもらった気がする。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

残したい風景

守りたい伝統

伝えたい心

クラシカへのご意見ご感想・応援メッセージはレターポットでも受け付けています→https://letterpot.otogimachi.jp/users/23636

 

 

 

 

 

  • Facebook

ページTOPへ