育児が変われば未来が変わる!

7月22日。
美作市の大原公民館で

【育児が変われば未来が変わる】と題しまして

辻直美先生による

まぁるい抱っこと子どもの姿勢発達の講座を開催いたしました。

 

育児が変われば未来が変わる

これは私が辻直美先生に初めてお会いしたときに感じたこと。(2017年4月)

どんなに泣いている子でも 3秒で泣き止み、3分で寝る。

この感動をひとりでも多くの方に感じてほしくて岡山県での主催を決意しました。

 
7月初旬の豪雨で延期になったにもかかわらず

たくさんの方に参加していただきました。

37692005_993420560835812_4343547937373028352_o まぁるい抱っこ講座

 

37880732_998732896971245_3137368503288332288_o 子どもの姿勢発達講座
-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

 

 

 

37749304_993382030839665_7472433214531829760_o

新たなワークが加わっていました!
つる?かめ?あなたはどのタイプ??
これで体の弱点がわかります。

 

 

37826991_993397570838111_7523007412219936768_o ちょっとママの体が後ろに逃げちゃってます。

ママも子どももラクな抱っこには体幹が大事。
37745291_993418737502661_2274700467638370304_o

自分ではまっすぐのつもりでも大人が力いっぱい支えてちょうどよかったり(;^ω^)

37695351_993413070836561_6773400645425692672_o

びっくりしたのは骨盤を矯正すると妊娠中のお腹の形がまっすぐに・・・!

37716329_993413170836551_823830493228171264_n

「わー、抱っこがラク!これだったらずっと抱っこができる…!!」

この言葉が印象的でした♡

 

 

 

 

37728317_993394164171785_2897046339839852544_o

赤ちゃんの股関節の「M字」・背骨の「もの字」を作ること。

右の赤ちゃんはまだその体制ができていなくて少しずり落ちそう・・・。

37671835_993398647504670_3770431392635158528_n

辻先生の指導後「M字」「もの字」が完成♡

37668725_993398674171334_3946031907921199104_n

何よりママがこの笑顔♡

 

 

 

 

そして、まぁるい抱っこの密着感を知ったママ&パパと子どもたちの顔。

37663477_993404870837381_1573449522154045440_n 37641147_993418227502712_7350617204599029760_n

37725220_993388894172312_6433159327715950592_n 37712163_993413377503197_7457265773749207040_n

37698551_993405844170617_6198175486493851648_o 37692599_993397094171492_1475719761831657472_n

 

 

 

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

 

子どもの姿勢発達講座では

37822415_998725343638667_8223045282846212096_o

子どもと大人の身体のしくみの違いを知り

 

私たちは勝手に成長したのではなく

いろんな身体の使い方の経験から発達してきたのだということを

37869728_998725560305312_5305673336695554048_o

37895497_998737240304144_134607423267667968_n 37870477_998726686971866_7924476233218260992_o

実際、大人もやってみて感じるワーク。

 

 

頭でわかった気になるのとは違って

「なるほど!」が身体に刷り込まれます。

 

 

37856392_998728100305058_8580757217551056896_o

昔とは住環境も変わり、便利なものがたくさん世にあふれている時代だからこそ

どういう動きが発達には必要なのか

どういう体制が逆に発達を阻害するのか。

37910398_998732633637938_4257417771320606720_o

たくさんの学びを得た時間でした。

 

この講座に関しては、ある参加者の方のブログを見ていただきたいと思います。

【なぜ娘はんはハイハイをしなかったのか?】→ https://ameblo.jp/1429misako/entry-12392742815.html

 

歩き出したのが早かったものの、転びやすい我が子の歩行に不安を感じてのご参加でした。

 

 

 

 

どの講座においてもそうですが

ただ単に不安を解消するためのものではないんですよね。

不安というのは出口がないから発生するもの。

出口がわかれば、光が見えればそこに向かって歩き出せばいいんだもの。

 

 

 

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

 

講座の途中でとても印象的な出来事がありました。

3歳の女の子。

ママと11ヶ月のおとうと君と一緒に参加していました。

その女の子からしたら2時間近く、ママは講座に一生懸命、自分のことは見てもらえない

というまったくつまらない時間を我慢してた。

・・・そしたら講座の最後に爆発したんですよね。

「ママ、あっちいけーーーー!!」って。

ママにとってみたら「急にどうしたの(;´Д`)?」

 

・・・でも急じゃなかったんですよね。

女の子は必死にサインを送ってたし、いっぱい我慢してた。

ママは「あっちいけ」の言葉にオロオロ。

 

そこでね、辻先生は言いました。

「『あっちいけ』っていう言葉だけを聞いてない?

本当にこの子が言いたいことは『あっちいけ』だと思う?」と。

 

そうなんですよね。

心の言葉と口から出る言葉は違う。特に子どもの頃は。

 

大人でもあるじゃないですかー。

「もういい!出て行く!」

って出て行ったものの

「・・・・・・追いかけて来いよ!(`Д´) ムキー!」ってことが(笑)。

 

 

 

その気持ちごと受け止めてもらえたこの女の子、午後からの講座ではニコニコで
ママから安心して離れることができて、私とも遊んでくれましたww
37962527_998737960304072_3102586754318729216_o 私と一緒に寝返り確認中www

 

 

 

 

 

抱っこの「抱」という漢字は手で包む、と書きます。

子どもが求めているのは

心も身体もすべて【まるっと包み込む】ことなんだということを再確認しました。

 

 

辻先生の講座はそういう講座なんです(*´﹀`*)

 

 

 

 

 

 

 

辻直美先生講座のお知らせ

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

 

8/26(日)松江市「いきいきプラザ島根」
AM まぁるい抱っこのための身体の使い方講座
PM まぁるい抱っこ講座6ヶ月以上クラス

8/27(月)出雲市「くすのきプラーザ」
AM 赤ちゃんがゴクゴク飲む授乳とパクパク食べる離乳食の講座
PM まぁるい抱っこ講座6ヶ月未満クラス

詳しくは→ http://tego2010.seesaa.net/article/460788529.html

 

 

 

37597177_1975555769202758_612084366402650112_n

詳しくはFBイベントページ → https://www.facebook.com/events/224022438152392/

 

 

そのほかの講座はこちら → http://tsujinaomi.com/schedule

 

 

 

 

 

 

 

おまけ

37966933_998733826971152_8387437913469616128_o 37651999_992761507568384_508524849400905728_n

アルフォートもたくさんありがとうございましたー!
なぜアルフォートかって?
知りたい方は林貴史という男https://www.facebook.com/chan.hayashi / https://twitter.com/lobbyist_chan )にお聞きください(笑)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

残したい風景

守りたい伝統

伝えたい心

クラシカへのご意見ご感想・応援メッセージはレターポットでも受け付けています→https://letterpot.otogimachi.jp/users/23636

 

  • Facebook

ページTOPへ