愛犬の目の傷が治りにくかったら。

DSC_8554[1]

5月15日。

すべてはこの日から始まったんです。

 

本当は年に一度のワクチン接種に病院にいって

ちょっと目がシバシバしてるからついでに診てもらったんです。

目に傷がついてて

でも角膜って比較的治りやすいから様子を見ましょうってことで

点眼液と抗生剤をもらって帰宅。

 

 

 

 

 

1週間後。

なかなか目のシバシバが治らなくて再診。

「あー、糜爛(ビラン)してますねー」

びらん???ビラン??BIRAN??

糜爛なんて、パソコンが変換してくれなかったら一生知らなかった漢字だよ。・゚(゚⊃ω⊂゚)゚・。

平たく言うと「ただれ」。

傷が治らなくてただれてるんですね。

ただれてるから角膜が再生できずにめくれている状態が続いてるんだって。

 

 

そんなときの治療法って知ってます??

驚愕だったんですけど

 

①めくれている角膜をきれいに剥がす。

②そして目の表面に傷をつける(!!)

 

のだそうです・・・。

 

②の理由は角膜が再生したとき凸凹していたほうがはがれにくいから、なんだそう。

平静を装っていたつもりだったんですけど

先生が何度も丁寧に説明して

「不思議だと思うでしょうけど」を連発してたあたり、私がすごく不安そうだったんでしょうね・・・(笑)。

 

 

 

 

目に麻酔薬を入れますが

DSC_8628[1]

結構しっかりめにガシッとホールドされるトコさん。

 

 

ごめんなさい。

そのあとは直視できなくて写真が撮れなかったのですが

細い針で40~60箇所、目ん玉にたくさん傷を入れていきました。

 

 

普通は麻酔をかけて処置することもあるくらいだそうで

そりゃそうですよね、痛みがないといっても

目ん玉に針が突き刺されるなんて犬じゃなくても私でも噛み付きそう。

 

 

でもね、ほめてあげて下さい。

うちのトコさん、恐怖で顔面蒼白でしたが

暴れることも噛み付くそぶりさえ見せず

約30分の処置を耐え抜きました・・・。゜゜(´□`。)°゜。

 

先生にも看護婦さんにもすごくほめられたトコさん。

 

 

 

それからもうひとつ驚きはコレ。

DSC_8627[1]

目の保護用にわんタクト。(ネーミング!)

 

 

DSC_8629[1]

ソフトレンズでした(あたりまえか)。

病院にもよるだろうけど一枚5000円前後だと思います。(保険きかないから高いよね…)

 

 

 

 

 

DSC_8581[1]

病院から帰るとぐったり。

そりゃそうだよね。

よく頑張ったよ、トコさん。

 

 

 

どれくらい頑張ったかっていうと

 

 

 

脱糞とおもらしをしたくらい(っω・`)。。。

 

 

 

 

 

今日はいつもよりたくさん抱っこしてあげよう。

 

 

 

 

 

 

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

 

辻直美先生をお迎えして

岡山県美作市大原にて

育児が変われば未来が変わる!まぁるい抱っこと子どもの姿勢発達講座

開催します!
詳しくはコチラ↓↓↓↓↓

https://www.facebook.com/events/1648811208533007/

 

 

お申し込みは専用フォームから

まぁるい抱っこ講座→ https://ssl.form-mailer.jp/fms/988ed91e567419

姿勢発達講座→ https://ssl.form-mailer.jp/fms/5cd595d4567424

 

絶賛お申し込み受付中っ!!щ(´ε`щ)カモン щ(´ε`щ)カモォォン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_8619[1]

残したい風景

守りたい伝統

伝えたい心

クラシカへのご意見ご感想・応援メッセージはレターポットでも受け付けています→https://letterpot.otogimachi.jp/users/23636

  • Facebook

ページTOPへ