LOVE日本!

2017年4月23日。

晴天の良き日、天徳寺にて

古事記の会を行いました。

講師は馬場洋さん。

DSC_0948

*

馬場さんのブログはこちら。

http://kojikista88.hatenablog.com/

*

*

クラシカ暮らしの会では

「残す・守る・伝える」をテーマに

さまざまな角度からお伝えしたいことを開催していますが。

*

*

古事記はその昔

日本人が

「日本とは」「日本人とは」ということを対外的にお知らせするための

『日本ガイドブック』

のようなものだと思います。

*

23c71b8c

上の表(わかりづらいかな?)でもわかるように

(他の国は王朝や治める民族が変わります。

たとえば中国。元=モンゴル族・明=漢民族・清=満州族など)

ひとつの国をひとつの民族が治めた国の中で一番歴史が古いのは日本です。

だからこの『日本ガイドブック』である「古事記」は

日本人が今でも使えて、知っておいて損はない読み物だと思います。

*

*

今回の古事記の会の内容に関しては馬場さんのブログや講座に譲るとして。

*

私が心に残ったことをいくつかご紹介。

*

君が代は実はラブソング!説。

イザナギ・イザナミのお話はご存知の方が多いと思いますが

君が代よ「きみ」という言葉は

「き」・・・イザナ

「み」・・・イザナ

二人よ、永遠なれ。というラブソングなのではないか。

諸説あるそうですがそう考えるのもステキですよね・・・。

*

古事記には地動説をすでに考えていた記述が!

イザナギ・イザナミが矛(ほこ)を使って国造りを行うのですが

それによって最初にできたのは「おのころ島」

これはおのが転がる島。

自転を表しているように思います。

ちなみにヨーロッパではコペルニクスが地動説を提唱したけど認められなかったのが16世紀。

古事記が編纂されたのは712年

*

日本は女性をとても大切なものと考えていました。

日本の総氏神とされているアマテラスオオミカミはいわずと知れた女性。

それに古事記の中にはたくさんの女神も登場し活躍します。

今よりももっと神というものに畏怖の念を抱いていた時代。

女性総活躍社会ですよね。

ちなみに。

おかあさんという名前の語源は「かっか」。

そう、太陽です。

太陽は世界の中心。

おかあさんは家庭の中心。

おとうさんの語源は「尊い」。

*

日本人のよく使う謙譲語には意味があった!

つまらないものですが・・・とか愚妻が、愚息が・・・なんて言いますよね。

表現をオープンにする欧米人に比べて

なんとなく卑屈だなぁなんて思っていましたが

こうやってへりくだって言うことで

「たいしたものではないですよ」とまわりからの攻撃や略奪を防ぐ意味合いがあるそうです。

相手を思いやる深~い愛情を

言の葉に感じました。

*

日本の建国理念は超平和的!

アメリカの建国理念は

自由、平等、幸福追求の権利

そして建国の父は

ジョージワシントン

アメリカ人なら誰でも言えるそうです。

では日本は?

*

*

*

*

*

*

*

*

*

*

言えましたか?

私も咄嗟には出なかった(;´д`)
八紘一宇

です。

すべてのひとが繋がってひとつの屋根の下に暮らすように生きる、という意味。

アメリカの建国理念もすばらしいですけれど

日本は「個人」よりも「みんな」なんですね。

ちなみに建国の父は神武天皇ですよ。

「君んとこはミスターワシントン?うちはエンペラー神武」

とか言えたらいいですよね( ´艸`)

*

*

*

当日の古事記の会は、時間オーバーして2時間強。

DSC_0950

講座に参加した方にとっては超ラッキーでしたね!

いろんな日本のCOOLな話が聞けて

ますます日本LOVEになりました。

そしてもっと日本や日本人を海外の人にも紹介したくなりました。

*

*

次の開催はいつになるかわからないけれど

また絶対に馬場洋さんに来て頂きたいと思います!

  • Facebook

ページTOPへ