あなたに選ばれるために。

クラシカは夫婦二人で運営しています。(今のところ)

 

私たちは2年半前に西粟倉に移住してきました。

それはある「人」がきっかけでした。

そのある「人」は移住してからもいろんな人に会わせてくれました。

 

その中の一人は

天徳寺という茅葺の家を管理できることになって

修復や離れの増築などを手がけてくれた大工さん。

私たちの気持ちやビジョンを汲み取り、随所に意匠をほどこしてくれました。

 

そしてその信頼できる大工さんが紹介してくれた建具屋さん。

古い建具の修復、建具の設置も、ご自身が持っていた古建具を

「ここに合うんじゃないか」とそれはもう、そこにもともとあったんじゃないか、と思うような建具をつけてくれました。

昨日、その方はもう廃車の予定だからと8人乗りの車を私たちに譲ってくれることに。

6人定員の天徳寺、お客様の送迎車が必要でしたが追々・・・と思っていたところにそんなお話。

 

 

 

 

 

 

そしてカフェてまひまで出す珈琲の焙煎を全面的にお任せしているカフェリコさん。

こちらは以前入ったカフェで知った焙煎所。

何の気なしに会いに行ったのですが

初めてお会いした時の第一印象が何ともステキでした。

珈琲に対する情熱。

それでいて穏やかな物腰。

私たちのどんな小さな質問にも真摯に答えてくださるその姿勢。

夫婦二人でその方に惚れ込んで、ここのコーヒー豆を使おう!と即決。

 

カフェリコさんが教えてくださったコーヒーミルのメンテナンスを手がける藤田さん。

珈琲に対する知識を惜しみなく教えてくださり

それに食いついていく私たちを応援してくれる。

この方たちのためにも頑張りたい。

そう思えるような人たち。

 

挙げるときりがありませんが

ほかの方たちの回はまた後日。

 

 

 

 

 

クラシカがこだわるモノや調味料や食材を選ぶ基準は

信頼できる人から勧められたもの

またはそのモノの裏側に見える人柄や思い。

 

その選択に間違いはなく満足するどころか

そのモノの価値以上の知識や縁を与えてくれています。

 

 

 

 

 

 

モノの価値は人が生み出す。

そういう時代だと思います。

 

 

 

この世には優れたものであふれている。

では、何を基準に選択するのか。

スペックか値段か・・・否。

 

それはもはや「人」なのです。

その人の知識・情熱・人柄・・・そして本気度。

 

 

 

 

 

 

だから私は伝えたい。

日本建築のすばらしさや

日本の気候風土に合わせた細やかな習慣や

日本の昔から伝わる伝統食や

生活に根ざした道具の精巧さ。

 

 

 

 

残したい風景

守りたい伝統

伝えたい心

DSC_0518

 

 

共感してくれる人たちはきっと私たちを選んでくれるだろう

と思うのです。

 

 

 

 

 

お宿 天徳寺

カフェ てまひま

4月1日 オープンです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • Facebook

ページTOPへ